毎日の健康日記

贅沢化粧品だけはレベル落とせない

私はキチンと収入を申告しているにもかかわらず、国が税金を受け取ってくれない身分なのです。
つつましく、質素に日々を暮らしております。もともと物欲がないので不満もありません。
贅沢は言いません。化粧品を除けば。

クレンジングと洗顔は500円するかしないかです。
しかしこの後は、キチンと国に税金を納めている方々にはちょっと言えないかも。
まず化粧水はDHC。この辺は手堅くお値段とその実力がマッチしているものを選んで愛用しています。
それでも月々3500円は下りません。コットンにたっぷり含ませ、心ゆくまでパッテイングします。
その後、資生堂の「HAKU」。長年愛用しています。使っている間に何度もモデルチェンジいたしました。
2回プッシュし、指の腹で気になる部分を特に重点に置き、肌に叩き込みます。
その次。ドクターシーラボの「アクアコラーゲンゲル・エンリッチリフト」。
これをたっぷりと指にとり、くるくるマッサージしながら肌に浸透させます。
しっかりほうれい線をのばすように頬を持ち上げフィニッシュ。
このあと、オバジのクリームにまいります。

いままで肌に乗せた全ての有効成分を肌に閉じ込め、ふたをするように伸ばします。
最後に、これはけちけち使っていて古くなってきていますがオバジのアイクリーム。
もう売っていないようですね。見かけなくなりました。無くなったら、違うものを探さなければなりません。
私はすっかり顔見知りになったドラッグストアの化粧部員のお姉さんに、よくこんな相談を持ちかけます。
「いま、私が使っているものの中で、何か削れませんか?毎月化粧品代の下敷きよ。」
お姉さんは「うーん・・」困っています。「どれもそれぞれ、仕事が違うものばかりですからね。」
保湿。美白。アンチエイジング。目的がちがう。

しいていえばアクアコラーゲンゲルを使ったら、一応オールインワンですから、その後のオバジのクリームは削れるのかもしれないですが、
オバジの効果は計り知れなく、これをやめてシワだらけになったら嫌だ!そう思うとつい、やめられなかったのです。
私は紫外線を年中浴びる仕事をしています。そのわりに、同世代の同僚たちのなかで、目だってシワやシミが少ないのです。
化粧品を贅沢しているからかもしれないわけです。単なる遺伝かもしれませんが。母もシワが少ないですから。
でも、化粧品の効果は絶対に理由のひとつでしょう。

化粧部員のお姉さんは「たしかに、お肌に贅沢させてますねえ」
そのとおり。しかし、どれかをやめようにも、何がどういう効果を発揮して、今の肌を保てているのかわからないのです。
結果が読めず、恐ろしくてどれも削れない・・というわけでこのメビウスの輪のような悩みは続いてゆくのでした。
一番の願いはこのままの肌でいたい。これなのですから。

毎日の健康日記

オールインワンゲルや保湿クリーム

冬将軍到来!などというニュースを聞きますとそれだけで怯えますよね(笑)女性なら誰しも寒い・冷える・乾燥する、こんなことを思い浮かべるのではないでしょうか。

私も寒がりです。そして冷え性です。でも、乾燥はありません。
数年前に乾燥とサヨウナラしました。私の脱乾燥法をご紹介しましょう。
難しいことは何もありません。ただ日々の小さな積み重ね。これに尽きます。

まず夜です。お風呂上りの温かいお肌にたっぷりのオールインワンゲル化粧品と少量のスクワランオイル(お肌に一番近いサラサラオイル)で潤いを肌に吸収させます。夜にしっかりとお手当しておかなければ、次の日の一日を持たせることはできません。朝目覚めて頬を触ってみてください。サラサラ、ツルツル、モッチリ、乾燥は微塵もありません。お化粧ノリもバッチリです。

次にお勤めの方へのお勧めとして、必ずマスクと手袋を着用していただきたいのです。マスクは顔の半分を覆い隠して冷たい風から乾燥を防いでくれます。尚且つ、ご自分の息によってお口回りの湿度が保たれ乾燥が防げます。手にもたっぷり擦り込んだ保湿クリームが、寒風で奪われないように手袋を必ず着用していただきたい。これだけで随分乾燥からお肌を守ることができます。室内では、指先の出た手袋を許す限り着用しています。

女性は血管が細く、男性よりも冷え性の方が多いとか。体の冷えは大敵ですね。お肌にも良くありません。血行不良は顔色を悪くし、不健康に見えてしまいます。是非手首、足首、首を覆う対策を取って下さい。マフラー、手袋、ブーツなどで風の侵入を防いでください。当たり前のようでも、「まあいいや」と面倒がってそのまま飛び出していく方がいらっしゃるのではないでしょうか。

是非この「覆う」という対策で冬のお肌の乾燥とサヨウナラしてくださいね。

毎日の健康日記

インナードライによる鱗模様が出現

昔から乾燥肌で、特に冬場になると、鼻の頭や頬の皮膚が毛羽立ち「ガサガサ」の状態になっていました。そのため、冬になるとオイル成分がたっぷりのクリームを厚塗りして保湿することが必須です。しかし、完全にガサガサが治ることはなく、ファンデーションのノリが悪く、肌がよけいに汚く見えることが悩みでした。

20代後半からは、ガサガサ毛羽立つことは少なくなりましたが、いわゆる「インナードライ」が深刻になってきました。目元や口元に小じわが増えはじめ、化粧水パックや美容液で対応していますが、潤ったと思っても、朝起きるとやはり小じわができていて、なかなか思うように対策ができません。そんな中、最近になって新たな肌の不調が出てきました。

ある日鏡を見ると、肌の表面にうろこのような模様が出ていました。ぱっと見ると、寝ているあいだに布団でプレスされて模様がついたのかなぁと思いました。しかし、よくよく見てみると、皮膚の表面に、まるでヘビかなにかのうろこのように細かいシワが入っていました。顔全体ではなく、頬や目元などの一部ですが、一部だけ特殊メイクをしたようでとても不気味です。メイクをしても、隠しきれず、ファンデーションがのると余計に模様がくっきり目立ってしまいます。

インターネットでこの原因を調べてみると、やはり肌の水分不足で出来てしまうシワだということでした。なんとか模様を薄くしようと日々、乾燥対策に取り組んでいますが、益々空気が乾燥する日々に戦々恐々としています。